Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

病院食1食分の料金が値上げ!2018年は100円増の460円!

スポンサーリンク

病院食 値上げ イラスト

入院すれば「病院食は要りません」と言わない限り自動的に温かい食事が出てくる病院食。私も毎食ありがたく頂いていましたが…

 

2018年には1食あたり460円!

 

大打撃です…。コンビニ弁当食べてた方が安いかも。ちなみに低所得者の方は現状のまま据え置きです。

スポンサーリンク

段階的に病院食が値上げに!2018年…遂に460円時代が到来!

私が脳腫瘍で入院していた2015年は260円でしたが、その年度を基準に100円ずつ値上げされています。

 

  • 2016年4月1日から360円。
  • 2017年は据え置き。
  • 2年後の2018年には460円!

 

2018年は3食で1,380円です。

例えば1ヶ月間(30日)入院して3食美味しく頂いたとしたら4万1,400円

病院の廊下にさら〜と貼ってあるA4のポスターに唖然としましたよ。まったく知らずに通り過ぎようとして二度見しましたし。

なんでこんな重要な事が知らずに進んでいたんでしょう…。私だけだったんでしょうか。思わず「独り暮らしより贅沢な食生活じゃん…」って思ってしまいました。まぁ、あらゆる面でサポートして貰ってますから何とも言えませんが。

温かい食事を美味しく作って貰って、ベッドまで上げ膳下げ膳で、食器類も全て洗って貰ってますからね。

しかしコチラとしても、好きで脳腫瘍や怪我で入院している訳ではありませんからね。突然の災難だったりするのに、この出費にどう対処しろと言うのか…。

どうにかして節約して出来る範囲とも思えない額になってしまいます。しかも入院している時ですよ。

打開策はいったいどこに?妥当な値段なのかも知れないけど…。

でも「これじゃ、高くて3食まともに食べてられないよ…」と嘆いてしまいます。一体どうしたら良いのでしょうか…。

と、なるとやっぱり3食全てを食べずにどこか1食のみにするとかでしょうか?家族に頼んでスーパーで安いお弁当を買って来て貰ったり…。財布 ピンチ

これでは病院に入っても金銭面が気になって逆に体を壊してしまいそうです。民間の医療保険に入っていれば、1日の入院に対して5千円や1万円などのプランがあるので、それで補えますが、国や健康組合などの【限度額適用認定証】では医療費のみで、病院食は適用外なので使えません。

現在(2017年)1食360円で温かい食事が頂けるのは、妥当なお値段かも知れません。ただ、入院していて就労もできない身で色々と金銭が嵩むと辛いですからね。更に翌年には100円上がると聞くとゾッとします。

健康診断などを受けて健康でいるようにしましょう

身も蓋もない話になってしまいますが、もう病気や怪我で入院しなければイイって事になってしまいます。

これだけ病院食が高くなってしまうと、何も考えずに「美味しいなぁ〜」と、ワクワクしながら頬張っていたあの頃に戻れない気がします。

病院食を目の前にビクビクしながら「この小鉢は何円かしら…」なんて考えてしまいそうで。

【話題】おうちドックなら自宅で人間ドックができる!

健康に不安を抱えて過ごす方や忙しくなかなか健康診断にも行けない主婦の方は、予防の為にも自宅でできる人間ドック「おうちでドック」をオススメします。

「おうちでドック」は自宅にいながら病院の人間ドックと同等水準の検査が受けられます。

日本初、自宅でできる「血液」・「尿」検査で「がん」・「生活習慣病」のリスクがわかり、結果は医師から個別に解説が聞ける検査キットサービスです。

 

  • 幅広いガン・生活習慣病のチェックが可能
  • 煩わしい検査予約も不要
  • 自宅で少量の血液を尿を採取して郵送するだけ
  • 失敗しても無料でキット交換してくれるので安心
  • 男性用・女性用・お得な家族用もあります
  • 約2週間後に自宅に検査結果が到着
  • 費用は19,800円(税別)で通常の人間ドックより格安です

 

おうちでドック(女性用)のご購入はこちら

そもそも色々な検査が怖くて抵抗があったり病院が嫌いな方も多い筈…。これなら自宅の普段着でリラックスしてできますからね。

予約も病院に行く必要もないので、忙しくて予約すら面倒な方には持ってこいなキットです。

それでも病気は突然やってきますので、まずはできる範囲の健康管理と、万が一に備えてご自身の貯蓄も備えておきましょう。