Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もしも脳腫瘍の薬で副作用が出たら早めに主治医に相談しましょう!

スポンサーリンク

脳腫瘍の手術から無事に退院したあとは、暫くは自宅療養になりました。久しぶりに帰れる家にワクワクする気持ちと、快適になってきた病院暮らしと別れる淋しさもありました…。

そして自宅で療養しつつ食後に服用するお薬が処方されました。

スポンサーリンク

退院後は暫く3週間おきの診察になりました。

私の場合は退院して3週間後にまた来て下さいと言われました。手術後の脳の浮腫が見たいからCT検査もしたいと。

それまで飲み続けるお薬が以下のようになります。

退院時に出たお薬
・ファモチジンOD錠10mg 1回1錠→1日2回
・エピレナート徐放顆粒40% 1.5g→1日1回

この2種類を飲んでいました。これとは別に貧血対策の鉄剤も出ていました。その鉄剤は副作用で吐き気が出てきましたが数日おきに飲んでいました。

お薬で副作用が出た時は先生に相談しましょう!

私が飲んでいた鉄剤は入院中に飲んだ時に、既に吐き気が出るとわかっていました。なので先生からも「無理に飲まなくてイイよ」と渡されました。それでも頑張って時間を掛けて飲んでました。

そして退院時に貰った上記の薬でも副作用が出てしまいました…。

 

 

それは脱毛です。

 

 

お風呂で髪を洗うとゴッソリと抜けるのです。ドライヤーで乾かしてもブラシで髪をとかしても抜ける…。みるみる私の頭のボリュームは小さくなりました。

そして昼夜問わず眠い。すやすや眠れます。仕事している人だったら支障が出るくらいです。これものちの診察で副作用だと判明しました。

副作用を伝えるとお薬も違うのに変わります。

退院して3週間後、はじめての診察日の日に「先生、どうやら薬の副作用っぽいです」と伝えました。この日はCT検査と先生の問診でした。

髪が抜けると伝えると「本当だ!」と言って先生は私の頭をガシっと掴みました。猛烈な勢いで慌てる先生…。「女性にとっては髪は大事だからね!」と私以上に髪への想いを感じます。

そしてお薬の辞典で副作用について調べ「他にない?」と。「24時間眠れます」と答えると、「それも副作用だね」と。結局は違う薬に変えようという事になりました。

そして現在も飲んでいるのがこのお薬になります。

毎日飲んでいる薬
・ゾニサミド100mg『アメル』 1回1錠→1日2回

途中で半錠になったりと変動はありましたが、今は1錠ずつになりました。これが合っているのかな〜って気がします。

▼ですが、そのゾニサミドの元となる原薬メーカーが安価な中国製を勝手に混ぜていることが判明…。

毎日飲んでいる【ゾニサミド】に中国製が混入してる…怒りの記事。
私はてんかんのお薬【ゾニサミド】を服用しています。そのお薬に無届けで中国製が混入しているというニュースを知りました。毎日飲んでいる患者にとっては困惑する記事でした。バレなければ、ずっと中国製を混入したまま流通させるつもりだったのでしょうか?健康を守るはずの原薬メーカーに対してイメージが変わってしまいました…。

脱毛などの目に見える副作用はありませんが、何となく私には記憶力の低下や判断力が鈍っている状態が出ている気がします。頭がぼんやりしたり。これは私個人の意見ですが。

ちなみにCT検査は異常ありませんでした。

通院は長期戦!地元の病院や診療所に通うのも検討してみては?

そこから更に3週間後に血液検査と先生の問診。血液検査は私の貧血の値が正常に戻っているか調べる為でしたがイマイチでした。なので私は副作用のある鉄剤を飲むのを断念して食材で補うことに。

脳腫瘍の手術のあとは食事で貧血対策を!脳内にも変化が?
脳腫瘍を摘出した後の脳の異変と貧血対策について。食事でしっかりと鉄分(特にヘム鉄)を摂りましょう。豚レバーは特に必須!安くておいしいです!入院するまで無意識でしたが鉄分が足りないと思ったらレバニラや唐揚げで食べるようになりました。苦手だと思っていたけど案外おいしい。

時間をかけてHGBの値を普通の成人女性の値にまで戻すよう食生活を改善しなくては…。あの鉄剤を飲むより何倍もイイですけどね。

私は入院していた病院へは電車で30分かけて通っていました。脳の手術をしているので主治医から車の運転は禁止されたので。家からの移動や病院までの時間を入れると1時間以上かかってます。

その不便さを知っている主治医から「地元の病院を紹介しようか?」と持ちかけられました。検査の時だけココに来て薬の処方は地元の病院を使えばイイよ…というお話でした。ただ、薬は1ヶ月単位でしか出ない病院があったり、料金も少し上乗せになると。

私は一番イヤなのは1カ所で管理して貰えないという不安でした。『全幅の信頼を寄せた病院から離れるのがイヤ!』というワガママな気持ちがあったのかも知れません。

なので「先生に診て貰いたいし遠くてもココでお願いしたいです…」と言って今も電車に揺られて通っています。

地元に通い慣れたお医者さんがいるならば、そちらをご利用するのも良いと思います。私も一度だけ、風邪をひいたついでに聞いたときがありましたが、あまり好印象では無かったので止めました…。そこの先生が面倒臭そうな対応だったので。

オススメの関連記事(一部広告含む)
退院した後
ランキング参加中です。よろしければポチっと。
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
フォローする
【脳腫瘍の発症】→検査→入院→手術→リハビリ→退院までの記録