Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

脳腫瘍の手術前にトイレで便が出ず、その後に便意が来て3日も苦悩した話

スポンサーリンク

手術 便意

脳腫瘍の手術から2年も過ぎて今更どうでも良い話なのかも知れません。ですが…大事なので書いておきます…。

 

手術前にトイレで便だけは出しておきましょう!

 

お食事中の方は読まない方がイイですよね。ここまで書いておいてなんですが、ちょっと汚いかも。

もうね…私は甘くみてましたよウ◯コという存在を。そして手術後の自分は自由にトイレに行けないという考えすら持てなかったんですよね。

あれだけ看護師さんに「手術前に大きい方は済ませておいてくださいね」って言われていたのに。ボケ〜っと聞き流していていた愚かな私。

何が起きていたのか細かいことはお伝えできませんが、ザックリと書くので手術前はとにかくウ◯コは出すように努力しましょう。

スポンサーリンク

手術後は集中治療室で安静。動けないからトイレも行けない…。

手術 トイレ

脳腫瘍の手術前日に私は看護師さんから翌日の説明を受けました。その時に「手術の際に尿道にカテーテルを通すけど大きい方は自分で出しておいてね」と、しっかり言われました。

私は基本的に毎日快便なので

 

ぜんぜん余裕(´▽`)♪

 

と心の中で答えてのほほ〜んと過ごしていました。結果…

 

出ないまま手術日を迎えました!

 

危機感のない私はこのあと、ウ◯コによって苦しめられるとは想像もしていなかったでしょう…。かなり楽観的な思考でした。

この時で既に前日と手術日の二日分が溜まっています。私にとっては非常事態レベルです。そんな状態で手術台へ向かいました。

脳腫瘍(良性の髄膜腫)の摘出手術!はじめての手術室はどんな感じ?
脳腫瘍の摘出手術をする前に再度、主治医とも治療法や今後の方針を聞いておきましょう。「どこまで摘出できるのか?麻痺は残るのか?」手術中には思わぬ事態が発生する場合もあります。「輸血をするのか?しないのか?」そういった事も決めましょう。

目が醒めると集中治療室でした。意識の戻りも早く食欲もあらゆる面で正常に戻りつつありました。

 

もちろん便意も…。

 

集中治療室では、ほぼ付きっきりで看護師さんが側に居てくれました。まだ呼吸器やら付いてる状態でそっと看護師さんに伝えました。

「すみません。便意があるのですが…」と。驚いた顔が今でも忘れられない…。

おむつの中でウ◯コをしてもいい…さぁ、どうする?

手術後にベッドに寝たまま看護師さんに便意があることを伝えた私です。看護師さんは

 

 

「おむつしてるから中でしても大丈夫ですよ」と。

 

 

え?…おむつしてるの私(゚Д゚;)?

 

まずそこに驚きです。おしっこのチューブだけじゃ無かった。おむつしてた!事前におむつの説明なかったような。だからって中でウ◯コするのってアリなの?

数時間の葛藤がありました。「ココで出したら臭いとかどうなるんだろう?でもこの苦しみからは開放されるぞ!」…などと。

結果的に我慢の道を選びました。まだまだ耐えるんだ…。何か対策はあるはずだ…と。

ベッドに寝たまま簡易プレートでウ◯コ可能…どうする?

その翌日には一般病棟に移動できました。そして脱おむつです。ちょっとだけトイレへの一歩に近付けた気もしました。頑張れ自分。

脳腫瘍(良性の髄膜腫)の摘出手術後は検査して一般病棟へ
脳腫瘍を摘出したあとは集中治療室で1〜2日過ごします。全身麻酔が効いているので手術初日は意識が朦朧としていますし、あらゆる医療器具で手足の自由が利かない状態です。そんな状態ですが手術直後には家族とも面会できました。

まだおしっこチューブは繋がったまま。これが取れないとトイレにも自力では行けない。病棟の顔馴染みの看護師さんにも、かなりフランクに伝えてみました。

 

「ウ◯コしたいんですけど、どうすりゃイイかな?」

 

『え〜!』とやっぱり驚いた顔をされました。やっぱり『ウ◯コ』というワードはNGらしい。だよね…だと思うけどこっちは一刻を争う事態なんですよ看護師さん!

「だったら寝たままベッドの上で出せる簡易型プレートみたいなのがあるけど」と、薄いプレートを見せてくれました。

 

使い捨てのプレートをベッドに挿んで寝たまま『ブリッ』とするだけでOKらしい。

 

シンプルですが結果的に使う勇気が出ませんでした。

我慢は3日目に突入…限界がきて冷や汗が出る時も。

手術 ウンコ

もう便意を感じて3日目になりました。手術前から数えると既に5日目を迎えている頃でした。私の内臓は膨れていましたし、ときどき冷や汗が出る時もありました。

看護師さんに尿道カテーテルはいつ取れるのか聞いてみました。「リハビリをしてトイレまで歩けるようになったら取れるんじゃないかな」と。

私の歩行リハビリはかなり快調に進んでいました。なので必死に頑張りました。自力でトイレに向かうんだ!という強い気持ちで。

リハビリの甲斐もあって尿道カテーテルも一般病棟に移って2日目頃に取れました。看護師さんが去って行くのを見届けて…一目散でトイレにGO!

 

…個室の病室で良かった(´ω`)

 

さすがに5日も便が溜まると臭いとか…ね。人生で一番至福なトイレタイムでした。

こんな哀れで間抜けな経験をしないように、皆さんは脳腫瘍の手術でも、それ以外の手術前でもしっかりと便を排出するようにしてください。

オススメの関連記事(一部広告含む)
脳腫瘍の摘出手術後
ランキング参加中です。よろしければポチっと。
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
フォローする
【脳腫瘍の発症】→検査→入院→手術→リハビリ→退院までの記録